3種類の勃起不全治療薬の効果比較

勃起不全とは性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態をいいます。勃起不全の治療で使われる薬は、「PDE5阻害薬」というものです。男性が性的刺激を受けると、その興奮が脳からペニスの神経に届き、神経の末端から「一酸化窒素」が放出され、細胞内に「サイクリックGMP」という血管拡張物質が増えます。すると、陰茎海綿体の血管が拡がって血液が流れ込み、ペニスが勃起するのです。

国内で認められている勃起不全治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類の違いは大きなところで言えば、効果と持続時間です。それぞれの特徴があり、自分に合う治療薬を選択するのは大切です。

3種類勃起不全治療薬は基本的な効果は同様ですが、薬効成分はそれぞれ違うため、その個人によって勃起不全治療薬を服用した際の副作用もそれぞれ違います。では、バイアグラ、レビトラ、シアリスそれぞれの効果と持続時間について、説明させていただきます。

 

  1. バイアグラ

バイアグラは服用後30分程度で効き始めて、1時間ほどで薬剤の血中濃度がピークを迎えます。薬の効果は約5~6時間程度です。バイアグラが効いている間は刺激があれば反応しやすいだけで、刺激がないのに勃起したり、勃起が持続的に起こったりするわけではありません。

バイアグラは他の薬剤と比べると硬さが出やすいという方が多いです。食事に対して弱い薬ですのでお腹に食事があると吸収が阻害されてしまうため、服用するときには空腹でご服用下さい。

 

  1. レビトラ

レビトラは3種の中でも一番即効性がある勃起不全治療薬です。服用後15分程度で効き始め、45分ほどで血中濃度がピークを迎えます。その効果は5~6時間程度です。勃起不全症状が軽い方は効果時間がもう少し長く感じられるかもしれません。

レビトラは硬さが出やすく、刺激に対して鈍感になり、射精までの時間が延長する傾向があります。バイエル薬品の行った治験によると、レビトラを服用して性行為を行うと普段の2.4~3倍程度、挿入時間が延長したという結果がでました。早漏傾向でお悩みの方にもおすすめの勃起不全治療薬です。

 

  1. シアリス

シアリスは3種類の中で、一番ゆっくり効き始めて、長く効いてくれる治療薬です。服用後、だいたい1~2時間程度で効果が出始めますが、空腹で服用する場合には40分程度で効き始めるため、早く効いてほしい場合には空腹での服用をおすすめします。シアリスの効果は24~36時間と長く続くのが特徴です。

シアリスはバイアグラやレビトラよりも、効き方がマイルド、自然な効き心地という方が多いです。強く硬い勃起で起こる違和感なども少ないため、男性の性感を損なうことがなく、射精感の遅延が少ないようです。