ED患者に向け治療薬シアリスの副作用

シアリスはバイアグラ、レビトラに次いで世界で三番目のED治療薬で、勃起不全、ED患者にとって最新の希望の星として注目されています。

市販の風邪薬にも副作用があるように、ED薬シアリスに副作用は付き物。ポイントをおさえてシアリスを飲んでも、多少の副作用はあります。調査機関がリサーチしたシアリスの副作用に関するデータによると、被験者の27.2%になんらかの副作用の兆候がみられたという報告がされています。

主な症状は多い順から、頭痛、顔の赤み、ほてり、消化不良など。症状としてはバイアグラやレビトラと似た副作用が現れるということですね。ただし、シアリスに関しては、効果とともにほとんどの人が感じる副作用ではなく、約3割の人が実感するという程度なので、発症率的にはバイアグラやレビトラより低いです。

承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg~20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められた。
主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等であった

ED治療薬はその大きな効果の反面、少々の副作用は付きものだと考えたほうが良いですが、激しいめまいや頭痛、発疹、4時間以上痛みを伴う勃起が続く(持続勃起症)など、異常を感じた場合には、すぐに服用を中止し、最寄の病院で受診してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です