ED の定義、分類と原因簡単に説明する

ED の定義

最近なんとなく勃ちが悪い、セックス中に中折れしてしまう・・・ などの症状を感じた時は、「ED」を疑ってみて下さい!ED とは、英語の「Erectile Dysfunction」の略であり、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されますが、まったく勃起が起こらないケースに限らず、硬さや維持が不十分であることも含め、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。俗に言われる中折れや途中で萎えてしまうというのが ED の一番多い症状です。

ED の分類と原因

1.機能性ED。

まずターベーションはできても、女性を相手にするとセックスができなくなる、など勃起機能は正常に働くのに、心理的要因や環境などによって成功がうまくできなくなるEDです。

機能性EDの原因として、過度の緊張やストレス、不安、夫婦間のトラブル、妊娠の恐れ、うつ状態、性に対する罪悪感、対人関係の不安定などがあります。

レビトラ等ED治療薬は機能性EDに最もよく効き、精神安定剤との併用がさらに効果的な場合があります。

2.器質性ED

勃起に関与する陰茎組織、神経、血管と言った肉体的な障害により、充分な勃起が得られずに精巧ができない状態を言います。

器質性EDの原因として、高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺、うつ病などがあるます。

レビトラ等のED治療薬は陰茎海綿体に直接作用するものなので、これらにもED治療薬は期待できます。モノがある限り試す価値は十分にあるのです。

3.混合性ED

器質的要素が混在するか、あるいはどちらか確定できないもの。上記の機能性と器質性が絡みあって生じます。糖尿病や腎不全などの慢性疾患や、泌尿器科的疾患、外傷及び手術、加齢などの場合は、この混合型のEDになりやすいと言われています。この場合もレビトラ等ED治療薬は有効です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です